■Renovation

リノベーションハウスに住もう

価格的にも固定資産税の評価的にも一番魅力のある「土地値に近い中古住宅」。ただしそれらの多くは経年劣化等により、そのまま気持ち良く住めるというものではありません。
そのような物件の傷みを修復するだけでなく、自分流にカスタマイズして住まう「リノベーションハウス」が近年脚光を浴びてきました。簡単に言うとしたらテレビ番組の「ビフォー&アフター」を思い出していただければわかりやすいかもしれません。

ピカピカの新築のようにするもよし、今では手に入らないような古いパーツや色褪せ等を上手に活かして中古ならではの「経年」を楽しむもよし、そこら辺は何が正解で、何が間違いというルールはありません。

ポイントは素材となる物件の選定。サンロクマルベースではこれまでの経験を活かし、リノベーションの素材となる物件探しからプランニング・施工の手配・諸経費や工事費用込での借入の支援等をお手伝い。

図2.gif


【参考動画1】1969年築の古屋をリノベーション


【参考動画2】店舗付き住宅を購入し、店舗部分を広々としたリビングにリノベーション
(本物件の詳細な記事はこちらです。ぜひご覧ください。)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。